注意!Windows10更新は、慌ててはいけない

アップグレード前に押さえておくべきこと

Windowsを最新の状態に保っていると、今、画面の右下には「Windowsマーク」のアイコンがあるはず。それが「Windows 10を入手する」と呼ばれるアプリケーションであり、Windows 10へのアップデートを担当するものだ。

このアプリは、使っているパソコンの種類と動作しているアプリケーションをチェックし、このパソコンが「Windows 10の動作対象か」を確認する。そして、画面上で利用者が「Windows 10のアップデート予約」を行うと、マイクロソフト側のデータベースに登録し、アップデート待ちのリストに並べるというものだ。

気に入らなければ元のOSに戻すことも可能

マイクロソフトは、パソコンメーカーと情報交換を行い、Windows 10にアップデートするための詳細情報を収集している。その情報と「アップデート予約」された機種の情報をマッチして、「そのパソコンはアップデートできる」状態になった時、マイクロソフト側から「アップデートできます」という通知が来る仕組みになっている。そのあとは、画面表示に従ってアップデートしていけばいい。自分で大量の情報を調べに行ってアップデートする必要はなく、その点、非常に簡単だ。

7月29日というのは、事前に予約した人かつ、すでに動作確認が終わっているパソコン向けの「アップデート通知」を送信し始める日のことなのである。マイクロソフト側の説明によれば、「アップデート通知」は29日から数週間をかけて多くの機種に提供されるという。

自ら対応状況を確認する能力があるなら、マイクロソフトから直接アップデート用ソフトをダウンロードして作業することもできるが、それが面倒な場合には、「アップデート予約」をして気長に連絡が来るのを待ったほうがいいだろう。

なお、そうしてアップデートしたあとでも、アップデート後31日間が経過するまでは、元のOSヘと戻すことができるようになっている。そういう意味でも多少は安心だ。

とはいえ、アップデートを行う前には、自分が重要だと思うデータについてはハードディスクドライブやクラウドなどにバックアップをしておくことをお勧めする。何らかの理由でデータが消えたとしても、誰も保証をしてはくれないので、そこは慎重に構えるべきである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。