終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか 水野和夫著 ~第三の知的「冒険」で示す「成長病」は没落への道

終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか 水野和夫著 ~第三の知的「冒険」で示す「成長病」は没落への道

評者 高橋伸彰 立命館大学教授

日本国債の利回り低下を糸口にして著者の知的「冒険」は始まった。それは二十数年間にわたりマーケットの動きを見てきた著者ならではの洞察でもあった。著者は8年前の『100年デフレ』で「とてつもない大きな力が働いている」と言って、400年ぶりの超低金利の正体を「一六世紀以来の近代の危機」に求める第一の「冒険」に挑んだ。当時は日本特有の現象だと見られていた超低金利やデフレを、近代が終焉を迎えたことによるグローバルな現象の先鋭だと喝破したのだ。

稀少な生産要素が国境を越えて自由に移動するグローバル化は、伝統的な経済学によれば地球規模での市場効率化にほかならない。そこではグローバル化の事実だけが分析の対象とされ、グローバル化の本質や真実には光が当たらない。これに対し著者は4年前の『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』で、グローバル化の本質とは「資本の反革命」、すなわち超低金利に象徴される利潤率の趨勢的な低下を人件費の削減で克服しようとする「資本の利潤回復運動」だと措定した。中間層疲弊の要因を「資本の反革命」に求め、賃金の下落こそがデフレの主因だと言い切った第二の「冒険」だった。

しかし第二の「冒険」では、世界システム論の創始者ウォーラーステインが「極大利潤の実現をめざす世界的分業体制」と規定した近代資本主義による、利潤空間の創造としてグローバル化の本質をとらえられても、グローバル化ではなぜ近代の危機を克服できないのかという真実にまでは迫れない。前2作に続く本書のまえがきで、前著では真実を半分しか見ていなかった、と著者が反省する理由もここにある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT