逆ザヤ販売でも儲かる、アマゾン「キンドル・ファイヤ」がアップルの強敵に


 それに対し、アップルは11年4~6月に売り上げが285億ドルに対し純利益は73億ドル。純利益率は25.6%にもなる。株主からは、新しいものを生み出すことによる先行者利益と、高い市場占有率を期待されており、高い利益率で事業を推進していくことを求められている。とてもではないが、アマゾンのような利幅を無視した価格で売り出すことはできない。

発表会の席で、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは「最高級のものを低価格で提供する」と何度も強調していた。「よいものをお安く」という考え方は、仕入れ販売を行う“小売り業者のDNA”だ。そのDNAを持っていながら、クラウドコンピューティングに関しては高度な技術を持っている点がアマゾンの強みである。この異形の会社は、クラウドサービスの「EC2」、電子書籍端末の現行キンドルでも同じような驚きの価格を実現し、業界のリーディングカンパニーの地位を得た。

カメラもあり、アプリの種類も豊富なアップルのiPadと直接的に競合するわけではないが、タブレット市場でiPadが一部のユーザーを奪われることは間違いない。キンドル・ファイヤは、タブレット市場で独走するアップルの前に初めて現れた、骨のある敵といえるだろう。
(山田 俊浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。