汗と涙の甲子園が、子どもの可能性を潰す

甲子園と陸上インターハイに「魔の共通点」

野球なら「ピッチャーは1試合100球まで。連投の場合、2試合目は50球まで」などの投球制限を設けてもいい。それでは困る、と文句を言う監督が出てきそうだが、エースピッチャーひとりに頼らないチームをつくればいいだけのこと。「大人の都合」を入れてはいけない。選手たちも目の前に“果実”がぶら下がっていれば、無理をしてでも欲しくなってしまう。子供の将来に重きを置いて、大人たちが“正しい道”をナビゲートすべきだろう。

小学生の頃に「夢は甲子園で優勝すること!」と思っていても、いざ甲子園で優勝を狙えるチームの中心選手になると、甲子園での優勝は“夢”ではなく、現実的な“目標”に変わってくる。同時に、別の夢が頭をもたげてくる。誰にも負けない自信があれば、ダルビッシュ有や田中将大のようにメジャーで活躍したいという夢を描くのは自然なことだろう。メジャーを本気で目指すピッチャーならば、「甲子園ごときで潰れるわけにはいかない」のだ。

スポーツ人生が長く豊かであるために

メディアが美談にしてしまうこともあり、甲子園の連投、連投が感動を生んできた。しかし、甲子園でいくらヒーローになったとしても基本、“おカネ”にはならない(人気者になればドラフトの指名順位が上がり、契約金が高くなるくらいの恩恵はあるが……)。これはおカネのために野球をやるべきだ、という話ではない。スポーツを真剣にやるならば、スポーツで長い人生を豊かにするすべを考えてもらいたいのだ。

今後も競技を続ける予定の高校生たちは、ケガのリスクもある中で、そのときしか通用しないスキルを磨く必要はまったくない。ケガをする可能性が高くても甲子園の優勝を目指すのか。それとも、絶対にケガをさせない範囲で、甲子園の優勝を目指すのか。確かなことは、体が壊れたら競技人生は終わりということだ。監督がその後の面倒を見てくれるわけではない。

陸上のインターハイでも「総合優勝」というものがあり、個人的には廃止にすべきだと思っている。入賞種目(1位が8点で、以下1点ずつ下がる)の総合得点で争われるが、総合優勝を狙うためにエースをフル回転させることが少なくないからだ。高校までなのか、それともプロになるのか。どこまで野球や陸上をやるのか、指導者たちは子どもたちに確認すべきだろう。

先ほども言ったが「スポーツは結果がすべて」。それは勝利至上主義というものではなく、スポーツをした結果が、人生の中でプラスにならないといけないという意味だ。甲子園やインターハイが、ただの“思い出”に終わるのは本当にもったいない。スポーツに熱中する高校生にとって、2015年の夏が意義のあるものになることを祈りたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT