意外と知らない、花火のトレンドがこれだ!

エメラルドグリーンを知っていますか?

花火のトレンドを知ると、今年の夏をもっと楽しめるようになるかも?(写真は花火イリュージョン夏。2013.8.24撮影)

花火にもトレンドがある!

みなさんは花火に流行があるのをご存じでしょうか。ファッション業界みたいにきめ細かくハッキリしているわけではありませんが、花火にもトレンドがあるのです。

たとえば色です。花火で色を出すには、黒色火薬と金属化合物を混合します。これを炎色反応と呼びます。

紅色(花火業界では赤色の事を紅と呼ぶ)は炭酸ストロンチウムや硝酸ストロンチウム、青色は花緑青や酸化銅。緑色は硝酸バリウム、黄色は蓚酸ソーダや炭酸カルシウムといった具合です。

これに燃焼をよくするための可燃剤、そして酸化剤などを混ぜ合わせて花火は作られます。花火の色も、理論的には絵具などと同様に金属化合物同士を掛け合わせれば中間的な色を生みだせるのですが、そこは火薬のリスクとでも申しましょうか。可燃剤や酸化剤などの作用により、簡単に進まないのが花火の世界です。

それでも平成元年以降、パステルカラーと呼ばれる明るい色が開発されてきました。水色やレモンイエロー、ピンクにオレンジにエメラルドグリーンなどです。これらの明るい色は、もちろん業者間の競争もありますが、時代の流れが非常に強く左右されていると思われます。それは町中のネオンが増え、どんどん明るくなっているからです。そのために花火の色もいままで以上に明るいものにしないと目立たないわけです。

次ページエメラルドグリーンは、1社しか再現できない!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT