意外と知らない、花火のトレンドがこれだ!

エメラルドグリーンを知っていますか?

花火のトレンドを知ると、今年の夏をもっと楽しめるようになるかも?(写真は花火イリュージョン夏。2013.8.24撮影)

花火にもトレンドがある!

みなさんは花火に流行があるのをご存じでしょうか。ファッション業界みたいにきめ細かくハッキリしているわけではありませんが、花火にもトレンドがあるのです。

たとえば色です。花火で色を出すには、黒色火薬と金属化合物を混合します。これを炎色反応と呼びます。

紅色(花火業界では赤色の事を紅と呼ぶ)は炭酸ストロンチウムや硝酸ストロンチウム、青色は花緑青や酸化銅。緑色は硝酸バリウム、黄色は蓚酸ソーダや炭酸カルシウムといった具合です。

これに燃焼をよくするための可燃剤、そして酸化剤などを混ぜ合わせて花火は作られます。花火の色も、理論的には絵具などと同様に金属化合物同士を掛け合わせれば中間的な色を生みだせるのですが、そこは火薬のリスクとでも申しましょうか。可燃剤や酸化剤などの作用により、簡単に進まないのが花火の世界です。

それでも平成元年以降、パステルカラーと呼ばれる明るい色が開発されてきました。水色やレモンイエロー、ピンクにオレンジにエメラルドグリーンなどです。これらの明るい色は、もちろん業者間の競争もありますが、時代の流れが非常に強く左右されていると思われます。それは町中のネオンが増え、どんどん明るくなっているからです。そのために花火の色もいままで以上に明るいものにしないと目立たないわけです。

次ページエメラルドグリーンは、1社しか再現できない!
関連記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。