BOPビジネス市場共創の戦略 スチュアート・L・ハート、テッド・ロンドン著/清川幸美訳

BOPビジネス市場共創の戦略 スチュアート・L・ハート、テッド・ロンドン著/清川幸美訳

昼間8時間ほど屋外に出しておくと、夜間8時間明るさを保つ「ソーラーランタン」が、アフリカで急速に普及している。米国の大学生が開発し、値段は10ドル。もともとは世界40億人の貧困層(BOP=Base Of the Pyramid)を狙った商品だったが、東日本大震災後の被災地でも利用され、条件次第では先進国でも有用なことがわかった。

しかし、このBOPビジネスの成功例はまださほど多くない。ボリュームゾーンとだけ見なして顧客の獲得を目指した企業の多くが苦戦し、完全に失敗した事例も少なくない。本書は、BOP概念そのものの提唱者が、この間の教訓とBOPビジネスのあるべき姿をまとめたものだ。

成功と失敗を分けた最大の教訓は「BOPとともに富を創造する」ことができたかどうかだという。インド農民の生活改善に役立つeチョーバルなどの実例を交えて、事業構築のロードマップと実践的な戦略を提示している。

英治出版 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。