松下、YKK、大震災 街の電器屋は逆境で育つ--ケーズホールディングス会長 加藤修一《中》

松下、YKK、大震災 街の電器屋は逆境で育つ--ケーズホールディングス会長 加藤修一《中》

当時は量販店が増え、安売りが広がり始めていた。街の電器屋は影響を受けないわけがない。加藤が入社したころにはナショナルショップから離脱し、複数メーカーを取り扱う「混売店」へ転向していた。

そして父は量販店への転換を決める。ある日、顧客から電話がかかってきて「蛍光灯を持ってきてくれ」と言われると、父は「これからはお店に買いに来てください」と応対した。その姿に、「これまで積み重ねてきた顧客を全部捨てる覚悟で、商売替えを決断した親父はすごい」と尊敬のまなざしで見つめた。

水戸市内に2店目を出店した頃、ガリバーがやってきた。「流通革命」で黄金期を築いていたダイエーだ。進出する1年前、父は加藤を連れて東京へ向かった。ダイエーの店を見て回り、その安さに息を飲んだ。パイオニアのオーディオが2割引き? 問屋で仕入れると1割引きでも原価ギリギリなのに、まるで勝負にならない。

でも、戦うことを決めた。問屋を通さずに、メーカーと直接取引を交渉。あの手この手で価格は互角になった。それでも客は、街中のダイエーへと流れていく。

そこで考えたのが、ダイエーへ通じる街道沿いに大型店を出店することだった。「水戸の秋葉原」とデカデカと看板を掲げた。すると予想もしなかったことが起きる。ダイエーはびくともしなかったが、周囲の電器屋がパタパタと潰れ始めたのだ。

加藤は仕事に夢中だった。忙しい父に代わり、面白がってチラシを作ると、それきり父はその仕事をやらなくなる。仕入れに首を突っ込むと、また父はやらない。毎晩11時ごろまで残業を続けていた。

35歳のとき、父に「明日からお前が社長をやれ」と告げられた。すでに店舗は9店まで拡大し、特に気負うこともなく引き受けた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT