松下、YKK、大震災 街の電器屋は逆境で育つ--ケーズホールディングス会長 加藤修一《中》


 88年に売上高100億円を達成し、株式上場。その前年には、初の県外となる宇都宮に出店。水戸へ進出してきた、コジマへの対抗意識があった。「あの頃は自宅通勤が普通で、転勤などなかった」。そこで社員をすし屋に連れていき、酒を飲ませて説得。繰り返すうちに、すし屋に連れていかれたら転勤というパターンができ上がってしまった。

絵に描いたような右肩上がりの中、91年に大きな壁にぶつかる。よつば電機の買収だ。

当時は、「東北の家電店といえば、よつばかデンコードーといわれるくらい急成長を遂げていた」と電機メーカーの営業担当者は振り返る。だがケーズが買収を決めた年、すでに火の車だった。

東北エリアの店舗担当だった遠藤裕之(現社長)も不安だった。「よつばは出店を急ぎすぎたせいで、店舗の品ぞろえが全然ダメ。うちが買収すると聞いても、現場は疑問に思っていた」。

加藤は「経営の中身などろくに見ず、30分か1時間で買収を決めた」。念のため父親に電話で相談したが、「赤字の会社は税金を納めないからいいんじゃない」で終わり。プレス発表も行い、取引先のメーカーへ説明に回った。

大変なのはそれからだった。突然、よつばの社長と専務が雲隠れしたのだ。ケーズが救済すると決まって気が大きくなり、コジマとヤマダへも身売りを持ちかけに行っていた。加藤が連絡を取ろうにも音信不通。まさに“がんばり時”なのに、相手がいなくては身動きが取れない。10日間、眠れぬ日々を過ごし、ストレスで胃にポリープができた。

置き去りにされたよつばの社員から聞き取りをすると、そうとうに深刻なことがわかった。毎月1億円の赤字を垂れ流して債務超過。追加出資しないと早晩に潰れることがわかり、散々だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT