防衛省、陸自の次期ヘリの開発会社を決定

UH-Xを開発するのは?

 7月17日、防衛省は、陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター「UH─X」の開発事業者に、富士重工業を選定したと発表した。自衛隊の「UH─1」、埼玉県秩父で昨年2月撮影、防衛省提供(2015年 ロイター)

[東京 17日 ロイター] - 防衛省は17日、陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプター「UH─X」の開発事業者に、富士重工業<7270.T>を選定したと発表した。川崎重工業<7012.T>も手を挙げていたが、選定基準で重視された国際共同開発の管理体制の面で富士重が勝ったという。

富士重は米ベル・ヘリコプターと共同で、既存機を改良したヘリコプターを開発する。自衛隊向けだけではなく、国内外の民間市場への販売も視野に入れ、量産効果でコストを抑える。

開発費は133億円で、自衛隊の取得費用は1機当たり約12億円。2021年度から20年かけて約150機を調達する。維持費も含めた「ライフサイクルコスト」は3741億円を想定している。

川崎重は、エアバス・ヘリコプターズと共同で新規開発機を提案していた。

 

(久保信博)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT