イオンvs.セブンのウナギ商戦はここまで熱い

デパ地下や駅ビルも意外な伏兵に

「土用の丑の日」といえばウナギだ(写真:marucyan/PIXTA)

連日、30℃超えの猛烈な暑さが続いている日本列島。梅雨明け前からすでに夏バテ気味……という方も多いのではないでしょうか。こんなときは、元気の出る「ウナギ」を食べてスタミナをつけたいもの。この時期になるとスーパーやコンビニなど多くの売り場で、「ウナギ」「土用の丑の日」ののぼりが目立つようになります。

7/24は土用の丑の日

土用の丑の日というと、通常、夏を想像しがちですが、 実際には季節ごとに年に4回あります。土用とは古代中国の陰陽五行説に基づく季節の変わり目、立春・立夏・立秋・立冬の前18~19日の期間を指し、その期間内の丑の日が「土用の丑の日」に相当します。

中でも夏の土用は暑さが厳しく、夏バテをしやすい時期。そのため昔から精の付くものを食べる習慣があります。今年の夏の「土用の丑の日」は7月24日、二の丑が8月5日です。

夏バテ防止にウナギを食べることについては、『万葉集』に収録されている大伴家持の歌「石麻呂にわれもの申す夏痩せに良しというものぞ鰻捕り食せ」にもあるように、古くから習慣としてあったようです。

また、この習慣が一般化したのには、江戸時代の発明家・蘭学者、平賀源内が、 夏場にウナギが売れないので、何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、たいへん繁盛したことがきっかけといわれています。

次ページイオン、セブン&アイのウナギは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT