ギリシャに加え中国株暴落!日本株もヤバイ?

売買はお休み!株主総会に行ってきました

【6月26日(金)】NYダウは、75ドル安の1万7890ドルと続落。リゾートソリューション(5261)の総会へ千葉にある「生命の森リゾート」へ行く。

場所は、JR蘇我駅から外房線で2駅行った「誉田(ほんだ)」駅から無料送迎バスで20分。昨年までは、西新宿の本社会議室で行われていた(出席者40人位)のだが、今年は初めての試みで、総会終了後は施設を開放してくれた。

なかなか良かったリゾートソリューションの総会。でもせっかくだから集中日を避けてほしかった

バイキング形式のレストランで食べ過ぎたので、とてもスポーツどころではなかったが、スポーツジム、パターゴルフ、テニス、卓球、バトミントン、マッサージ、温浴施設などがあった。野球やサッカーなどトッププロ選手のサイン色紙がズラッと並んでいてトレーニングなどで使われているようだ。

ここで総会がなければ来ることもなかったので、会社の事業を理解できて良かった。また株主以外にも3名まで施設利用ができるような配慮はあったが、今日は株主総会集中日で会社側としては総会に来て欲しいのか来て欲しくないのかよくわからない対応だ。本日の終値は、9円安の328円。

【6月27日(土)】「高級さば缶、値上げ相次ぐ、漁獲減でサイズも小さく」と報道。こんなニュースを見ると、マルハニチロの総会のお土産や株主優待でもらったさば缶がありがたく思える。午前3時、日経225先物は、110円高の2万870円。NYダウは、56ドル高の1万7946ドル、1ドル123.39円、1ユーロ138.21円。

ギリシャ危機と中国株暴落がいっぺんに来た!

【6月29日(月)】ギリシャショック「アゲイン」。ギリシャ29日から銀行休業。日経平均は596円安の2万109円と3日続落。下げ幅今年最大。

【6月30日(火)】NYダウは350ドル安(1.95%)の1万7596ドルと大幅安。各付け会社S&Pが、ギリシャをcccからcccマイナスに格下げ、ユーロ離脱確率50%。上海株利下げでも一段安。2週間で2割超下落。しかし、日経平均は、125円高の2万235円と反発。

【7月1日(水)】日銀短観、大企業製造業DIプラス15と3期ぶり改善。8時59分60秒と「うるう秒」が18年ぶり平日挿入。日経平均は93円高の2万329円と続伸。

【7月2日(木)】21時46分、米6月雇用統計、非農業部門の就業者数は前月比で22万3000人増。

【7月3日(金)】NYダウは、27ドル安の1万7730ドル。午前3時、日経225先物は90円安の2万450円。優待保有銘柄のマルハニチロが6月19日に付けた2014円の高値を超えて、終値17円高の2020円の年初来高値更新。また、ビックカメラ(3048)も6月30日に付けた1598円を抜き、60円高の1599円と年初来高値更新で高値引け。

【7月4日(土)】午前3時、日経225先物は80円安の2万460円、NYダウは、独立記念日の為、休場。6月30日には、箱根山で噴火警戒レベルが2から3に引き上げられたが、ギリシャ国民投票、中国株暴落で、日本株式市場の警戒レベルも3に上昇か?

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。