日経平均の今年の高値はいくらになるか

バブルが膨らめば20~30%暴落の危険性

日本株は一見底堅そうだが、これからのマーケットでカギを握るのは何か(AP/アフロ)

前回のコラム「日本株は、いよいよバブルの領域に入った」(6月25日)では、海外投資家がなぜ4月~5月に日本株を大幅に買い越したのか、あるいは、海外投資家がどういうタイミングで日本株を大幅に売り越してくるのかについて述べさせていただきました。

それでは、日経平均株価の2015年の高値はいくらくらいになるのでしょうか。専門家の予想を見ていると、たいていの場合、高値は2万1000円~2万5000円のあいだに収まっているようです。私も週刊誌や専門誌の取材などで日経平均の高値を何回も聞かれているのですが、無難なところで2万1000円~2万3000円のレンジで答えるようにしています。

これからの高値は個人投資家の動向次第

しかし正直なところは、私には今後の日経平均の高値が2万1000円になるのか、2万3000円になるのか、さらには2万5000円になるのか、さっぱり見当が付きません。

ただし、これだけは言えるのは、どれだけの個人投資家が高値を買いに行くのか否かが、今後の日経平均の高値を大きく左右するということです。なぜなら、個人投資家は2013年の上昇相場スタート時から一貫して売り主体となっており、日経平均が2万円を超えた現在でも上昇相場の蚊帳の外にいる投資家が多いからです。

次ページすさまじい個人投資家の買い余力
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT