日経平均の今年の高値はいくらになるか

バブルが膨らめば20~30%暴落の危険性

日本株は一見底堅そうだが、これからのマーケットでカギを握るのは何か(AP/アフロ)

前回のコラム「日本株は、いよいよバブルの領域に入った」(6月25日)では、海外投資家がなぜ4月~5月に日本株を大幅に買い越したのか、あるいは、海外投資家がどういうタイミングで日本株を大幅に売り越してくるのかについて述べさせていただきました。

それでは、日経平均株価の2015年の高値はいくらくらいになるのでしょうか。専門家の予想を見ていると、たいていの場合、高値は2万1000円~2万5000円のあいだに収まっているようです。私も週刊誌や専門誌の取材などで日経平均の高値を何回も聞かれているのですが、無難なところで2万1000円~2万3000円のレンジで答えるようにしています。

これからの高値は個人投資家の動向次第

しかし正直なところは、私には今後の日経平均の高値が2万1000円になるのか、2万3000円になるのか、さらには2万5000円になるのか、さっぱり見当が付きません。

ただし、これだけは言えるのは、どれだけの個人投資家が高値を買いに行くのか否かが、今後の日経平均の高値を大きく左右するということです。なぜなら、個人投資家は2013年の上昇相場スタート時から一貫して売り主体となっており、日経平均が2万円を超えた現在でも上昇相場の蚊帳の外にいる投資家が多いからです。

次ページすさまじい個人投資家の買い余力
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。