日経平均の今年の高値はいくらになるか

バブルが膨らめば20~30%暴落の危険性

日本株は一見底堅そうだが、これからのマーケットでカギを握るのは何か(AP/アフロ)

前回のコラム「日本株は、いよいよバブルの領域に入った」(6月25日)では、海外投資家がなぜ4月~5月に日本株を大幅に買い越したのか、あるいは、海外投資家がどういうタイミングで日本株を大幅に売り越してくるのかについて述べさせていただきました。

それでは、日経平均株価の2015年の高値はいくらくらいになるのでしょうか。専門家の予想を見ていると、たいていの場合、高値は2万1000円~2万5000円のあいだに収まっているようです。私も週刊誌や専門誌の取材などで日経平均の高値を何回も聞かれているのですが、無難なところで2万1000円~2万3000円のレンジで答えるようにしています。

これからの高値は個人投資家の動向次第

しかし正直なところは、私には今後の日経平均の高値が2万1000円になるのか、2万3000円になるのか、さらには2万5000円になるのか、さっぱり見当が付きません。

ただし、これだけは言えるのは、どれだけの個人投資家が高値を買いに行くのか否かが、今後の日経平均の高値を大きく左右するということです。なぜなら、個人投資家は2013年の上昇相場スタート時から一貫して売り主体となっており、日経平均が2万円を超えた現在でも上昇相場の蚊帳の外にいる投資家が多いからです。

次ページすさまじい個人投資家の買い余力
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。