アスベスト 広がる被害 大島秀利著

アスベスト 広がる被害 大島秀利著

6年ほど前、兵庫県尼崎の旧水道管工場周辺で200人以上の中皮腫での死亡が発覚、あらためて震撼させたアスベスト公害。事件自体は終息したかにも見えるが、報道を手掛けた新聞記者である著者は、その根深さを告発する。

難燃性などから「奇跡の鉱物」と呼ばれたアスベストは、粉じんを吸った数十年後、罹患する人が多出する。東日本大震災での粉じん飛散が懸念されるうえ、2020年前後に全国で老朽建物の解体工事が集中し、アスベスト建材の粉じんが飛び散る「第2波問題」が起こりうるという。現在でも規制は甘く、飛散防止措置を怠った解体工事が横行。力尽き他界した被害者はこう言い残す。「被害は現在進行形で進んでいます」と。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT