異端の工作機械メーカー・森精機が挑む世界戦略の成否


 もちろん、森社長は財務指標の改善を喫緊の課題に挙げている。「当社の10年平均での営業利益率は、GDPの平均成長率とほぼ一緒。仮に資本のすべてが借入金なら、利益を全部、平均金利に取られかねない。自己資本比率50%は低い。早期に70%に引き上げたい」(森社長)。

投資回収は当面先か シナジー創出に要時間

メドはすでについている。10年3月期と11年3月期の赤字で積み上げた欠損金を取り崩せば、12年3月期の利益の多くをキャッシュとして手元に残すことができる。「近視眼的なセコイ話だが、それで借入金を返す、という計算です」(森社長)。

巨額投資の成果が利益上の数字として表れるには、時間がかかる。ただ森精機はギルデマイスターの持ち分法会社化による利益貢献を、今期の業績予想に織り込んでいない。得られる持ち分法利益は、当面、のれん償却で相殺される見通しだ。

提携のシナジー創出も容易ではない。ギルデマイスターへの出資は、過去に森精機が行ったような一社を丸ごとのみ込むM&Aとは違う。世界有数のトップメーカー同士による大連立だ。日本とドイツでは、当然、製品仕様も生活習慣も異なる。生産や販売の統合をどこまで進め、業務の効率化を図れるか。道中には混乱も予想されるだろう。

森精機単独での体質強化も必要だ。直近の12年3月期第1四半期決算。多くの同業他社が営業黒字を確保する中、森精機は赤字発進に甘んじた。東日本大震災による混乱が影響したことは確か。だが、「テクノロジーセンターの維持費やショーへの出展費用など高い固定費比率が問題では」(業界関係者)との指摘もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。