中森明菜復帰後の歌唱表情に見る36年前との変化 表情分析家が公式YouTube映像を解説

拡大
縮小
中森明菜
(画像:中森明菜オフィシャルウェブサイト)

5月1日に中森明菜さんがデビュー42周年を迎えました。この記念日に先向け、公式YouTubeチャンネルでは、これまでの曲がセルフカバーされ、続々と公開されました。

年月を経ることで熟成され、豊かな風味や複雑さが増すヴィンテージもののワインのごとく、彼女の歌は、深みが増し、新たな感情や表現が加わり、聴き手に豊かな体験をもたらしてくれます。

さまざまな名曲の中でも「TATTOO」(作詞:森由里子、作曲:関根安里)は、ことさら異彩を放っています。リリースされた1988年当時の歌い方と比べると、如実に感じます。1988年と2024年の歌い方を比べ、彼女が歌に込めようとした意図を表情分析の視点から考察したいと思います。

込められたメッセージと表情の矛盾の謎

リリース当時の歌唱中の表情には、八の字眉、微笑、カメラ目線が目立ちます。特に、八の字眉が特徴的です。八の字の眉は、眉の内側が引き上げられると生じます。悲しみや苦悩、共感を抱くときに生じる表情です。救いの手を差し伸べてもらう可能性を高める、あるいは、差し伸べてもらいたいときにする表情です。

「TATTOO」を作詞された森由里子さんは、公式ブログ「ユリコの森」の中で、歌詞に込めたメッセージについて次のように書いています。

“歌の中では、強くてセクシーでたとえようもなく魅力的な女が、弱い男たち、遊び人で軽いだけの若者たちにメッセージを突きつけます。
心に、魂に、愛という消えない刺青を入れろ。
ロボットや人造人間じゃない、血の通った強い男が真の愛を魅せてくれたら、私だって、おちてあげるわ。
と。”

引用:ユリコの森「ブレードランナー」と「TATTOO」より

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT