日本では、なぜバターが不足しているのか

品薄で価格も上昇、消費者にシワ寄せ

バターの国内需要は国内生産量を上回る。不足分は輸入で補うしかないが、国家貿易により統制されている(写真:Hungry Works/PIXTA)

手に入れたくても買うことができない。家庭料理の必需品ともいえるバターの品薄が続いている。業務用でも状況は同じだ。需給が逼迫しているため、価格も上昇。パン屋やケーキ屋など、自営業者にとっても大きな痛手となっている。

なぜ品薄状態が続いているのか。バターの需給と価格は国の政策が大きく影響している。国内の酪農家を保護するという大義名分の下、バターの輸入はいまだに国家貿易で統制されているからだ。

バターの原料は、酪農家から出荷される生乳である。だが、酪農家の減少に伴い、生乳の生産そのものが減少。1990年の820万トンから2014年には733万トンまで落ち込んだ。

原料・牛乳のバターへの配分は最も後回し

生産された生乳は、飲用の牛乳、生クリーム、チーズ、バターの順番で配分され、バターは最も後回しにされる。

1990年代後半のバター生産量は9万トン近くあったが、2011年は東日本大震災の影響もあり、6万トン台に縮小した。翌2012年はいったん持ち直したが長くは続かず、2014年には1990年以降の最低水準となる6.2万トンまで減少。2015年も回復の見通しは立っていない。

その一方で、バターの国内需要はほぼ年間7万トン台半ばで安定している。したがって、国内生産だけでカバーしようとすると、品薄状態に陥りやすい。

次ページ輸入量はどのように決められるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT