日本では、なぜバターが不足しているのか

品薄で価格も上昇、消費者にシワ寄せ

バターの国内需要は国内生産量を上回る。不足分は輸入で補うしかないが、国家貿易により統制されている(写真:Hungry Works/PIXTA)

手に入れたくても買うことができない。家庭料理の必需品ともいえるバターの品薄が続いている。業務用でも状況は同じだ。需給が逼迫しているため、価格も上昇。パン屋やケーキ屋など、自営業者にとっても大きな痛手となっている。

なぜ品薄状態が続いているのか。バターの需給と価格は国の政策が大きく影響している。国内の酪農家を保護するという大義名分の下、バターの輸入はいまだに国家貿易で統制されているからだ。

バターの原料は、酪農家から出荷される生乳である。だが、酪農家の減少に伴い、生乳の生産そのものが減少。1990年の820万トンから2014年には733万トンまで落ち込んだ。

原料・牛乳のバターへの配分は最も後回し

生産された生乳は、飲用の牛乳、生クリーム、チーズ、バターの順番で配分され、バターは最も後回しにされる。

1990年代後半のバター生産量は9万トン近くあったが、2011年は東日本大震災の影響もあり、6万トン台に縮小した。翌2012年はいったん持ち直したが長くは続かず、2014年には1990年以降の最低水準となる6.2万トンまで減少。2015年も回復の見通しは立っていない。

その一方で、バターの国内需要はほぼ年間7万トン台半ばで安定している。したがって、国内生産だけでカバーしようとすると、品薄状態に陥りやすい。

次ページ輸入量はどのように決められるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。