パレスチナ国家の国連加盟は実現するか

「9月の国連総会でパレスチナ自治政府は加盟を申請する。国連に加盟することで国際社会によるパレスチナ国家承認を実現したい」とワリード・シアム駐日パレスチナ常駐代表部大使は語る。パレスチナ自治政府の国連加盟が実現すれば、膠着状態が続く中東和平に大きな影響を与える。「アラブの春」と呼ばれるエジプトの民衆革命などとも関連する。

オバマ大統領の変化に期待

ワリード氏によれば、パレスチナ自治政府は世界118カ国に国家として承認されている。

だが日本は、パレスチナ自治政府に、EU(欧州連合)を除くと単一国家としては世界最大の経済援助(年約1億ドル)をしているが、国家としては承認しておらず、外交関係がない。パレスチナ自治政府が国連に加盟すれば、こうした事態も変わる。

パレスチナ自治政府が国連に加盟するには、国連安全保障理事会の承認が必要だ。中東和平でつねにイスラエル寄りの意思決定をする米国が拒否権を発動すれば、パレスチナ自治政府の国連加盟は実現しない。

ただ、オバマ米大統領は、歴代の米大統領と比べて本音ではイスラエル一辺倒ではないかもしれないと、パレスチナ側は変化を期待する。

ワリード氏は、「オバマ大統領が、拒否権を行使せず、パレスチナ国家の国連加盟を認めることを期待したい」と語る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT