「就活生に人気が高い会社」男女別ランキング 2万人の投票結果からわかった人気の実態

✎ 1〜 ✎ 769 ✎ 770 ✎ 771 ✎ 772
拡大
縮小
(写真:8x10/PIXTA)

就活生が興味を持っている会社はどこなのか。「2万人の学生が投票した『就職人気ランキング』」「就活生2万人が選ぶ業界別『人気企業ランキング』」などに続いて、今回はその属性別(男・女・文・理)のランキングを作成した。

調査対象者は、就職サイト「ブンナビ!」に登録する2025年春卒業予定の大学生や大学院生。登録者のうち、大学名を問わず約2万人が回答している。調査期間は2023年10月1日から2024年3月15日まで。

男子学生・女子学生から人気の企業は?

男子学生のランキング1位は、総合でもトップの伊藤忠商事。2位日本生命保険、3位三菱商事という順だった。トップ10はほかにも、4位三井物産、5位住友商事、9位丸紅と総合商社がランクインした。前年調査と比べて順位を伸ばしたのは、35位アクセンチュア(前年58位)、45位バンダイナムコエンターテインメント(前年75位)だった。

女子学生のランキング1位も伊藤忠商事。積極的な働き方改革推進や好調な業績を背景に、男子学生、女性学生どちらからも支持を集めている。トップ10には集英社博報堂/博報堂DYメディアパートナーズが入り、例年上位の明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)が9位にランクインした。躍進が目立つのが48位の資生堂で、前年90位から大きく順位を伸ばした。

文系学生のランキングは、トップ10は総合と同様の傾向だが、集英社読売新聞社などメディア企業が比較的上位に位置している。

理系学生のランキングは1位ソニー、2位NTTデータ、3位伊藤忠商事という順だった。11位の任天堂は前年の45位からジャンプアップ。同社は採用ページで「原則出社の方針」を公表し、独創的な商品・サービスを生み出すための人材に対する考え方を明らかにしている。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT