「式部の恋文見せびらかす」夫のヤバすぎる行為 年の差夫婦の式部と宣孝、新婚早々大ゲンカ

拡大
縮小

「とじたりし上のうすらひとけながら さは絶えねとや山の下水」

(水面に張り詰めていた氷がやっと解けましたのに、それでは山の水の流れも絶えてしまえというおつもりなのでしょうか。やっとあなたと打ち解けた仲になったばかりなのに。縁を絶とうというのですか)と。

これまでの強気な態度から一転。式部は弱気にも見えるような、退く体勢に入ります。宣孝の強硬な態度に、さすがにビビったのでしょう。

この式部の歌に対する宣孝の返歌も「こち風にとくるばかりをそこ見ゆる石間の水は絶えば絶えなむ」

(打ち解けたなんて言っても、どうせ見せかけだけ。情の薄いことは見え透けているから、絶えるのなら絶えても惜しくはない)というもの。

宣孝、かなり攻めてきます。とは言え、式部も負けてはいません。

「言ひ絶えばさこそは絶えめ何かそのみはらの池をつつみしもせむ」

(お言葉のように、罵り合って2人の仲を絶ってしまうおつもりなら、それもいいでしょう。腹が立っていらっしゃるのを、怖がってはいません)と返すのです。

宣孝が突如折れて降参する

これでとうとう2人の仲も決裂かと思いきや、その夜に、宣孝から次のような歌が送られてきます。

「たけからぬ人数なみはわきかへり三原の池に立てどかひなし」

(たいしたこともできない人間である私は、腹の中は波立つように沸き返りますが、腹を立ててみても、仕方がないこと)と突如、宣孝は折れたのです。

宣孝の「降参」によって、この夫婦ゲンカは収束を見せたのでした。

それにしても、紫式部もなかなかの気の強さであります。そして、宣孝が強気に出てきたところで、いったん引いてみせるというのも、才女というべきでしょうか。

(主要参考・引用文献一覧)
・清水好子『紫式部』(岩波書店、1973)
・今井源衛『紫式部』(吉川弘文館、1985)
・朧谷寿『藤原道長』(ミネルヴァ書房、2007)
・紫式部著、山本淳子翻訳『紫式部日記』(角川学芸出版、2010)
・倉本一宏『紫式部と藤原道長』(講談社、2023)

濱田 浩一郎 歴史学者、作家、評論家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はまだ こういちろう / Koichiro Hamada

1983年大阪生まれ、兵庫県相生市出身。2006年皇學館大学文学部卒業、2011年皇學館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。専門は日本中世史。兵庫県立大学内播磨学研究所研究員、姫路日ノ本短期大学講師、姫路獨協大学講師を歴任。『播磨赤松一族』(KADOKAWA)、『あの名将たちの狂気の謎』(KADOKAWA)、『北条義時』(星海社)、『家康クライシスー天下人の危機回避術ー』(ワニブックス)など著書多数

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT