ゴルフのプロ大会に問われる観戦する価値

無料で観客を集める意義はどこに

(写真 : はんた / PIXTA)

6月初旬、兵庫県で開催された「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権ゴルフパートナーカップ」。金土開催ながら、2日間で約9000人の観客が詰めかけた。

出場しているのは、グランド60歳以上、ゴールド68歳以上と往年の名選手。1970~1980年代に活躍した選手だから、若い世代には見たことも聞いたこともないような選手たちが多いというのが本当のところだ。

観客が詰めかける理由

今が旬の選手たちが出場していても観客減に悩むレギュラーツアーを尻目に、この大会の観客動員はなかなかのものだった。実は無料で昼食まで付いた入場券さえ手に入れれば、誰でも見られる大会にしている。

この取り組みは、ゴルフ用品販売の大手、ゴルフパートナーが一昨年から大会スポンサーとなって始まった。店舗でこの入場券を配布することで、「観戦無料試合」となったのだ。

それまではほとんど「無観客試合」だったが、初年度には3000人、昨年は6000人を集めた(いずれも埼玉県)。

そして今年。出ている選手たちの知名度は低いかもしれないが、今のゴルフ界の代名詞でもある「右肩下がり」に反する勢いである。選手たちも「これだけ見に来てくれたら恥ずかしいプレーはできない」と、いつも以上に(?)老骨にムチ打ってプレーしている。

次ページ特売や試打会なども開催
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。