ゴルフがどこか取っつきにくいと感じる理由

「常識」に外れた大人たちにモノ申す

(写真:TAKA / PIXTA)

久しぶりにゴルフに行ったら、ちょっと疑問を感じる出来事があった。スタートしてすぐに前の組を待つことになったのだが、日差しを遮るモノもない中で前の組のプレーを見ていたら、グリーンが空いても、まだ打てない――。

どうやら、前の組はグリーン横に停めたカートになかなか乗り込まずにスコアの確認をしているらしかった。彼らがカートにやっと乗り込んでグリーンを去るまでの時間は、筆者の経験からすると一般的な組よりも、いつもよりも数分、余分な時間がかかっているように見えた。

案の定、その後のホールでも同じことの繰り返し。前の組は遠めに見ても年配の方々とわかった。たぶん、ゴルフのベテランなのだろうが、だからこそ「なぜ?」と思った。通常、前半の9ホールは2時間半ぐらいで収まるのだが、3時間弱もかかってしまった。ただ単純にカートに乗ってすぐに移動してくれれば済むことなのに。

隣のホールからボールを探しにやってくる人々

こんなこともあった。筆者の同伴プレーヤーがティーグラウンドでティーアップして打とうとしたら、隣のホールからのショットを曲げた人がこちらのホールに出てきた。林から少しこちら側に出たところだが、まったくこちらのティーグラウンドを見ずに自分のボールを探し始める。同組のプレーヤーも加わって探し始めるが、こちらのティーグラウンドを見る人はいない。

ティーアップしたものの、こちらは打てずに待った。声をかけてみたが、遠いからか気づかない。結局、ボールはなかったのだろうか。2~3分探して自分たちのホールに戻っていったが、その間、こちらをまったく気遣う様子もなく、そもそも見ていなかった。

次ページゴルフのマナーは厳格!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT