ソーシャルに「自分語り」が蔓延しているワケ

セックスと同じ快楽物質が分泌されていた!

② 沈黙を恐れない

新聞記者時代、とにかく大勢の人に会い、インタビューをした。議員、社長、医者、アスリートなどなど数百人に上る。あまり緊張することもなかったが、今にして思えば、失敗だったな、と思うのが、「沈黙の間(ま)」を恐れて、次から次へと質問をし続けたことだ。ちょっとでも間をあけると、「何を話していいのかわかっていないのではないか」「話の内容を理解していないのではないか」などと思われてしまうと考え、つい、沈黙を埋めてしまった。

しかし、実は沈黙こそが、相手から本音を引き出すチャンスだったのだ。3~5秒ほど、あえて空白の時を設けて、反応をうかがうことで、相手は言い足りないことを思い出したり、付け足すこともできる。また、交渉の場でも、沈黙は相手に心理的なプレッシャーを与える。間を埋めたいという誘惑に勝つのは簡単ではないが、沈黙がもたらすメリットは小さくない。

③ 相手のサインを読む

相手の気持ちを読むのは難しいが、自分の話に対する興味がない、薄れている、といったことが態度に現れる場合もある。相手がスマホをいじり始めたり、目線が合わなくなったり、そわそわしたり、そんな小さなサインを見逃さず、質問をしたり、相手が話す機会を作ろう。

そんなわけで、筆者も「自分の話ばかりしていてはいけない!」と日々戒めるわけだが、かなり「しゃべりすぎ」の傾向は否めない。

おかげさまでこうして連載も半年ほどを迎えることができ、読んでいただいている皆さんには感謝でいっぱいなのだが、自分勝手に書いているだけなのではと時々心配になる。ひょっとして「しゃべりすぎ」かも?という具合に・・・。ぜひぜひ、みなさんのご意見、ご感想、ご希望などお寄せください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。