ソーシャルに「自分語り」が蔓延しているワケ

セックスと同じ快楽物質が分泌されていた!

① バランスステージ
相手との会話がキャッチボールのようにうまくいっている。相手の話を良く聞き、話題も共通のもので、お互いがよく理解し、バランスの取れた状態。
② いい気持ちステージ
話していて、だんだんと気持ちよくなり、ついつい、自分の話を長々としていたりする。相手の興味が離れていくのに気づかない状態。
③ 暴走ステージ
相手の関心が離れていることに気づき、それを取り戻そうと、さらにしゃべり続けてしまう泥沼状態。

 

この③の状態、「よくわかる」、という人も多いだろう。リカバーしようとして、さらに、迷走してしまうのだ。

合コンなどでもたまに登場する「『聞いて、聞いて』男、もしくは女」。自己アピールをしようとするあまり、ひたすらしゃべり続けて、周りがドン引きしてしまうパターンだ。

一方、「よく聞く男」「よく聞く女」はもてる。カラオケで、上手に合いの手を入れたり、手拍子を入れたりして、歌い手をいい気分にさせる盛り上げ係のようなものだ。自分にうまくスポットライトを当ててくれ、主人公に仕立て上げてくれる人を悪く思う人はいない。

前回、前々回と、「エゴサスペンション」「80:20の法則」など、よりよい聞き手になる方法について触れたが、今回も3つの黄金律をご紹介したい。

よりより聞き手になる3つの黄金律

① 質問をする

アメリカの教育の中で、日本との大きな違いは、「正解」が与えられないことではないかと感じる。日本であれば、年号や歴史的事実、方程式などの「正解」が教師からまず与えられ、それを覚えることが教育とされる。一方、アメリカでは、教師は「答え」を与えるのではなく、常に「質問」をする。

筆者の通ったアクティングスクール、大学院、セミナーでも、教師は生徒に対し、さまざまな質問を投げかけ、それに対し、生徒は思い思いに自分の「答え」をぶつける。そうした「禅問答」のようなやりとりを何度も何度も繰り返していく中で、生徒は自分なりに納得する答えを見つけ出していくのだ。

日本では、たとえば、部下と上司の会話では、上司は部下に自分の「答え」を押し付けようとすることが多い気がする。

「こうするべき」といったアドバイスは時に役立つが、実は答えは自分の中にある場合も多い。上司の適切な質問によって、部下が自分の中にある考えを整理し、自分なりに正解を導きだすこともできる。

相手の立場にたって、気づきを与えられるような質問をする――。「質問力」はコミュニケーションリーダーの必須スキルといっていい。

次ページ恐れてはいけないものとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。