「SASUKE」が世界の視線を集める意外な理由

そこにあるのは日本的価値観だ

TBS「SASUKE」は世界的な人気を誇る番組となった
凡人ではおよそひとつも攻略できないさまざまな障害物に、鍛え上げた生身の人間が挑んでいく――。TBSのスポーツエンターテインメント番組『SASUKE』が、7月1日(水)に最新回の放送を迎える(よる7時から4時間SP)。国内では今回で31回目となるSASUKEが、世界中で愛されるコンテンツだということをご存じだろうか。
『Ninja Warrior(ニンジャ・ウォリアー)』として、世界165の国と地域でも放送され、現地制作は9カ国に拡大している。アニメを除いて日本のテレビコンテンツが世界を席巻するケースはまれだ。ただ、ここまでの道のりは順風満帆だったワケではない。日本発のスポーツエンターテインメントが世界に通用するようになったのはなぜか。どんな道のりがあったのか。海外販売の裏側を明かそう。

海外ではウケない「勝者」のいないコンテンツ

SASUKEの日本における初回放送は1997年。当時人気を博していた『筋肉番付』の2時間特番として登場した。その後、海外向けにも汎用性がありそうだと販売が検討された。本格的な海外セールスを始めたのが2000年。以降は毎年の「カンヌ国際見本市」などで積極展開した。

関係者は比較的すぐに販売実績を上げられると期待していたようだが、実はSASUKEは、既存番組を販売する「完パケ番販」にも、番組コンセプトを基に現地版を制作する「フォーマット番販」にも適さない要素を複数抱えていた。一般的に、世界流通に適したテレビコンテンツの条件には以下が挙げられる。

・話数が多い
・1話あたりの尺が30分~1時間程度、最大でも90~120分
・1話あたりの尺が一定
・制作が容易
・定期(シリーズ)制作出来る
・適度の制作規模で制作費が抑えられる
次ページ一方で、SASUKEはと言うと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT