ピックアップ再燃か、三菱「トライトン」の実力 働くクルマの性能とSUVの楽しさを併せ持つ1台

✎ 1〜 ✎ 110 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 最新
拡大
縮小
2024年2月15日に発売された三菱の新型1トンピックアップトラック「トライトン」。グレードはGSRとGLSの2種類で、価格はスタンダードモデルのGLSが498万800円~、最上級モデルのGSRが540万1000円~となる
2024年2月15日に発売された三菱の新型1トンピックアップトラック「トライトン」。グレードはGSRとGLSの2種類で、価格はスタンダードモデルのGLSが498万800円~、最上級モデルのGSRが540万1000円~となる(写真:三菱自動車)

「ピックアップトラック」と聞くと商用車的なイメージを持たれる読者が多いのではないか? 実際、働くクルマとして世界中で活躍しているし、多くの自動車メーカーが商用車としてラインナップしている。しかし、ピックアップトラックは荷物だけでなく、人を快適に移動させることも大切に考えられた乗り物だ。

この記事の画像を見る(27枚)

キャブオーバー型とピックアップの違い

街中で見かけるトラックは「キャブオーバー型トラック」が多い。キャブオーバー型とは、ボンネット部分がないかわりに荷台を大きく確保したトラックのこと。いすゞ「エルフ」、三菱ふそう「キャンター」、日野「デュトロ」などが国内における小型トラックの代表モデルだ。

そのキャブオーバー型の荷台には約3mの長尺物が積載できる(一般的な標準ボディの場合)など効率良く運搬ができる反面、エンジンは乗員の真下に配置されるため車内は振動、音ともに大きい。今でこそ小型トラックのBEV(電気自動車)版も販売されているが、いまだ大多数はディーゼルエンジン搭載車だ。

新型トライトンのサイドビュー
新型トライトンのサイドビュー(写真:三菱自動車)

その点、ピックアップトラックは一般的な乗用車と同じくボンネット部分にエンジンを搭載する。そのため車内は静かだし、ボディの前半分だけ見ればSUVのようだ。後ろ半分が荷台だが、ボンネットがあるため前述したキャブオーバー型よりは当然、床面積はせまくなる。

次ページ海外では根強い人気のピックアップトラック、新型トライトンの実力は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT