「赤身ステーキ」ブームで"牛肉序列"に変化

霜降り肉と赤身肉の価格が接近!

さらに、「ここ2~3年で国内の品種改良が一段と進んだことで、肉質等級では4以上の割合が増えた」(芳野氏)。現に国内の中央卸売市場で取り引きされる国産牛(和牛去勢)のうち、A4以上が占める割合は2011年4月時点の6割から、直近の2015年4月で7割以上に上昇している。

赤身を提供する店が急増

赤身の供給量が減る一方、需要は高まっている。

国内の飲食店のうち、現在約7割を個人経営の店が占める中、メニュー変更がしやすい個人店を中心に赤身肉の提供が加速。国産赤身牛のステーキ販売を始めた東京・高田馬場のあるイタリアンレストランでは、「20~30代の女性に人気で、売り切れない日は一日もない」という。

チェーン店にも赤身肉の提供は徐々に広がり始めている。すかいらーく傘下のファミレス「ジョナサン」では今年、10年ぶりに国産牛の赤身ステーキを販売した。当初は4月中旬から6月17日までの販売を計画していたが、40~50代の女性客を中心に売れ行き好調で、当初の予定よりも10日ほど前倒しして、販売を終了した。「健康志向の高まりでシニア層を中心に脂身の少ない牛肉需要が高まっている」(すかいらーく)。

今後の需給次第では、霜降り肉と赤身肉の価格差がますます縮まるかもしれない。

「週刊東洋経済」2015年6月27日号<22日発売>の「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。