中国で「iPhone↓ファーウェイ↑」になった背景 iPhone 15よりもMate 60 Proがかっこいい!

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小
アップル
(写真:Qilai Shen /The New York Times)

アップルは長年にわたり、中国のハイエンドスマートフォン市場を独占してきた。iPhoneの性能、あるいは裕福で国際的な買い物客の目には「ステータス」として映るiPhoneに対抗できるデバイスを作る企業はほかになかった。

急減したiPhoneの売り上げ

しかし、中国の多くの人々にとって、iPhoneはもはやかつてのような魅力を失っていることが証明されつつある。スマートフォン市場を分析するカウンターポイント・リサーチによると、中国の消費者が新しい携帯電話を買い求めるピークシーズンである今年最初の6週間で、iPhoneの売り上げは前年比24%減となった。

一方、アップルの長年のライバルであるファーウェイの売り上げは64%急増した。

アップルにとっては厳しい状況だ。アナリストによれば、同社の最新製品で2月に発売された3500ドルのバーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットは、主な顧客層にアピールするにはまだ数年かかるという。

今月、アップルは2つの規制上の打撃を受けた。公正な競争を阻害しているとして、音楽ストリーミング慣行に対する欧州連合(EU)の約20億ドルの罰金と、アップルが反トラスト法に違反したとするアメリカ政府による訴訟である。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT