Vチューバー事務所、大盛況「フェス」で意外な明暗 収入増が続く一方、ANYCOLORはマイナス影響も

拡大
縮小
幕張メッセで開かれたホロライブのフェス
幕張メッセで3月中旬に開かれたホロライブプロダクションの大規模フェス。前年の倍近い来場者数を記録した(記者撮影)

今や日本のエンタメ業界の牽引役となったVチューバーの勢いは、どこまで続くのか。

Vチューバー事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは3月16~17日にかけて、幕張メッセ(千葉市)で大規模なエキスポ・フェスを同時開催した。チケット販売をベースにした来場者数は2日間で8.6万人超におよび、前年の約4.5万人を倍近く更新した。

同イベントの関連収入として、カバーは前2023年3月期に約18億円を計上した。今期はそれをはるかに上回る売り上げ貢献が期待されている。

会場には、遠方からの旅行客とみられる参加者も数多く見られた。中でも目立っていたのが、外国人ファンの多さだ。アジア圏に限らず、アメリカやブラジルからの参加者の姿もあった。

海外のアニメ人気がVチューバーに波及

「2020年頃からホロライブの配信を見ており、仕事の前後などで週2回程度視聴する」。日本で働くアメリカ人のデービッドさん(30)は、ホロライブの動画視聴が習慣になっているという。

幕張メッセで開かれたホロライブのフェスの様子
ホロライブのフェス会場では、参加者の長蛇の列が。外国人客の姿も目立った(記者撮影)

デービッドさんに限らず、海外のVチューバーファンの多くは、日本アニメのファンでもあるという点で共通する。旅行で来日したインド人のサヒルさんは、1週間後に開催されるアニメイベント「Anime Japan 2024」にも参加する予定だったが、そちらは「チケットが買えなかった」と残念がった。

「7年前からアニメを見ていたが、この2年ほどでVチューバーのファンにもなった」というサヒルさん。ユーチューブの「切り抜き動画」を中心に、日本語を話すVチューバーの動画も視聴しており、日本語を少しずつ理解できるようになった。

海外でのアニメ人気拡大の影響が、Vチューバー業界にも波及している様子が見て取れる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT