社員が思わず人にしゃべりたくなるのが効果的なCSR活動《組織・人を強くするCSR 第1回》

社員が思わず人にしゃべりたくなるのが効果的なCSR活動《組織・人を強くするCSR 第1回》

小河光生 クレイグ・コンサルティング 代表取締役

CSRは日本企業に根付いたと言ってよいだろう。『CSR企業総覧』(東洋経済新報社刊)の掲載企業数はすでに1000社を超えており、また今回の東日本大震災での企業の被災地対応ではあらためてCSRのあり方が問われた(参考記事:災害時に見るCSRのあり方1)。

また、2010年11月に発行されたCSRの初めての国際規格ISO26000を積極的に経営に取り込む企業も増えてきている。

問われるCSR活動の投資対効果

CSR活動が企業に根付くに従って、頻繁に議論に取り上げられることが「CSRの効果とは何か」という点である。CSR専任部署を設置し、CSR活動の実践やCSR報告書の発行など企業がおカネをかけて行う活動であるから、この成果を株主に明確に説明できなければならない。

クレイグはさまざまな企業のコンサルティングを通して、CSRが企業価値に結び付くと考えているが、具体的には以下の4つの点で企業価値につながると考えている。

第1に事業開発の視点だ。たとえばユニ・チャームはインドネシアで紙おむつの市場創造に成功し、現地での同社の紙おむつシェアは圧倒的に高いという事例がある。

第2に経営の質的向上の視点。今回の震災時に企業対応を決定し実行に移すスピードが各社間で相当に差が出た。このスピード差はガバナンス、つまり普段から起こりうるリスクを想定し、いざそのときに備えて準備を怠らなかったか、という経営の質的な差が出たと見ている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT