社員が思わず人にしゃべりたくなるのが効果的なCSR活動《組織・人を強くするCSR 第1回》


 加えて言えば、人生が肯定されるだけではなく、自らの知識やスキルを社会のためにどのように役立てるか、を考えることで、その人のモチベーションを向上させ、成長させることにもつながるだろう。

自らの仕事やノウハウが社会のために役立つことが証明できれば、仕事が「思わず人にしゃべってしまう」誇りとなり、その内容を一層向上させ充実させようと努力する。本業を通したCSRを推進することで、社員の働く目的と組織の目指す方向を合致させる、これがCSRの目指す良循環構造となり、この循環ループが組織の不祥事に対する耐性につながる。

昨今の日本企業は低成長下において、地位とおカネで社員のモチベーションを喚起するには限界がある。「面白い仕事」「社会の役に立つ仕事」「自らの成長につながる仕事」の3つが組織活性化のキーワードである。
 
 CSRにはこの3つの要素を盛り込んで実施することが可能である。

では、この3つの要素を具体的にどのようにCSRに盛り込めばよいのか。CSRの好循環構造が組織や社員の活性化に結び付いた事例を基に、どのようにそれを実現していけばよいのかを次回以降、考えていきたい。

(この連載はクレイグ・コンサルティングのコンサルタントが執筆します)

株式会社クレイグ・コンサルティング
2004年設立。ISO26000対応などのCSRコンサルティングを中心に、経営戦略、M&A、事業再生、人事コンサルティングなど幅広い分野でのコンサルティングを手掛ける。 http://www.craig.co.jp/

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT