水原氏解雇は想定外?大谷翔平インスタの影響力 フォロワー伸びた3つの時期、関係者も上昇

拡大
縮小
大谷翔平 インスタ フォロワー 水原一平
大谷翔平選手と水原一平氏(写真は2024年2月)(写真:写真:AP/アフロ)

突然の結婚報告からの“盟友”水原一平氏の解雇……。MLBロサンゼルス・ドジャースに移籍して以降、大谷翔平選手の身辺が実に騒がしい。

「野球に専念したい」大谷選手は780万人以上のフォロワーを抱えるインスタグラムを通じて移籍や結婚を発表するなど、自身に関する情報を絶妙にコントロールしてきた。

水原氏のスキャンダルが噴出

大谷選手は、ドジャースや専属カメラマンなど“身内”アカウントのフォロワー数を増減させるほどの影響力があり、水原氏のアカウントも大谷効果で40万人超えのフォロワーを抱える。

巧みに情報発信をし、家族を守りながら野球に専念する体制をつくってきた中、大リーグ開幕という最悪のタイミングで水原氏のスキャンダルが噴出したことは、大谷選手本人にとっても痛恨であるかもしれない。

何かあるたびに、SNSを通して発表してきた大谷選手。大谷選手が情報のコントロールに活用したのが、2020年5月29日にアカウントを開設したインスタグラムだ。

最初の投稿では「これから皆さんと野球を通じて繋がるのを楽しみにしています」と記されている。コロナ禍で大リーグの開幕が2020年7月下旬に延期され、メディアの取材も規制されていたことがきっかけと考えられる。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT