新年度の「配当利回り」が高い企業30社ランキング 1~3月期決算の高配当期待銘柄を独自集計

✎ 1〜 ✎ 389 ✎ 390 ✎ 391 ✎ 最新
拡大
縮小
まもなく新年度入り。インカムゲインを重視する投資スタイルなら、高配当銘柄には今から注目しておきたい(イメージ写真:ELUTAS/PIXTA)
会社四季報プロ500 2024年春号
『会社四季報プロ500 2024年春号』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

上場企業の約7割を占める3月決算の銘柄は、3月27日に今期(2023年度)の期末配当を受け取るための権利付き最終売買日を迎える。中間配当は昨年9月末に権利確定済みということもあり、すでに投資家の関心は来期(2024年度)の配当利回りに向かいつつある。

そこで今回は、3月18日に発売された最新の『会社四季報』2024年2集(春号)の配当予想をもとに、来期の年間配当利回りが高い銘柄を先取りしてランキングした。なお、配当予想に幅がある場合は下限値の利回りで集計している。

来期の予想年間配当利回りが6.04%でトップとなったのはMS-Japan。一般事業会社の経理や財務、人事、総務など管理部門や、弁護士や公認会計士、税理士など士業を中心に、人材関連サービスを展開している。来2024年度まで配当性向100%の方針を掲げており、2月に買収した豪州の人材紹介・派遣会社の寄与などで大幅増益、増配の見通しだ。

長期的に減配しない累進配当企業も

北関東を地盤に分譲住宅事業などを手がけるケイアイスター不動産も予想利回り6%超えで、2位にランクインした。業績は今2023年度が前期に続き減益予想と軟調に推移しているが、来2024年度は在庫調整が進んで粗利率が改善し、増益に転じる見込み。これに伴い、増配の見通しとなっている。

次ページ4位以下の顔ぶれは?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT