名店監修の「ラーメン鍋スープ」が300円しない理由 ダイショーが市場を開拓、「鍋=冬」常識にも変化

✎ 1〜 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 最新
拡大
縮小
鍋スープ
毎年冬になると食べたくなるお鍋。有名なラーメン店監修のスープが増えている理由とは?(筆者撮影)
この記事の画像を見る(9枚)

寒くなる秋から冬にかけて、スーパーマーケットでは鍋スープ売り場が少しずつ拡大していく。

そんな中、昨年から筆者が注目しているのは人気ラーメン店監修の鍋スープシリーズだ。コンビニで発売されているラーメン店監修のカップ麺、チルド麺などはおなじみだが、昨年は鍋スープ売り場にもラーメン店の名前が多数並び始めた。

鍋スープのアレンジレシピはいろいろなところで目にするが、「ラーメン店のスープで鍋を作ろう」というのは今まであるようでなかった。もちろん今までもどこかでは展開していたはずだが、これだけ売り場のメインで展開が始まっているというのは見逃せない。

2021年からラーメン店監修の鍋スープを発売しているダイショーを取材した。

「焼肉一番」などで知られるダイショー

ダイショーは1966年創業で、焼肉のタレ「焼肉一番」や「味・塩こしょう」を主力商品として展開してきた会社。

鍋スープの展開がスタートしたのは1989年のこと。当時の社長であり創業者の金澤俊輔氏が博多で食べた寄せ鍋に感動し、「このスープは家庭ではなかなか作れないだろう」と鍋スープの開発に着手。これが市販の鍋スープの先駆けとなった。

次ページもつ鍋スープで鍋スープの可能性を見出す
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT