トヨタが発行、"元本保証"の新型株は是か非か 物議を醸す前例のない種類株

印刷
A
A
画像を拡大
トヨタが発行を予定するAA型種類株の配当率は、発行から5年目まで段階的に上昇する

総会で可決されれば、今後発行する種類株と同数の自己株買い(普通株)を実施するため、希薄化は生じない。普通株を吸い上げ、5年間は売りに出ないAA型に置き換えることから、短期的には株式相場の需給がタイトになる。

投資家側からすると、AA型には元本保証というメリットがあるものの、一方で譲渡制限などさまざまな制約もある。普通株の1.2倍以上の価格で発行するため、5年後、株価がそれ以上に上がっていても、得られる売却益は普通株の株主より少ない。配当利回りは、5年間保有して年平均1.5%と、現状2%超である普通株に劣る。

専門家でも明確な評価は難しい?

6月16日に開催されるトヨタの株主総会では、種類株発行の議案に対してどれだけ賛同を得られるかが大きなポイントに(写真は昨年の株主総会)

こうして見ると、種類株の発行によって、普通株主の利益が明確に損なわれる点は見当たらない。もっとも、「種類株はありだと思うが、複雑でわかりにくい」 (ナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹代表)、「債券の投資家や格付けにも配慮しており、ネガティブではないが、不思議な種類株だと思う」(BNPパリ バ証券の中空麻奈チーフクレジットアナリスト)というように、明確な評価をしかねる専門家も少なくない。

一方、鎌倉投信の鎌田恭幸社長は「株を売らない前提で物を申すのと、いつでも売るぞという態度で物を申すのと、企業から見て信頼できる投資家はどちらか。経営側と投資家が腹を割って話せる、長期での望ましい関係を築く思想を提示した」と読む。

トヨタが種類株に普通株と同等の議決権を付与したのも、「物言う長期投資家」を期待しているからだろう。とはいえ、「単にトヨタの応援団を増やしただけ」とのそしりを受けぬよう、長期・短期の両方の投資家の声を受け止め、具体的な成果を外に示していく必要がある。

「週刊東洋経済」2015年6月20日号<15日発売>「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT