外国人絶賛、北朝鮮で大人気の地ビールとは

日韓の「有名ブランド」にも負けていない?

リ技師長によれば、欧州人にはアルコール度数5%のもの、中国人などアジア人は、度数3~4%のものを好む傾向があるという。また、白米を100%使用しアルコール度数が4%のものは味がまろやかで、女性たちが特に好んで飲んでくれると打ち明ける。

カフェも平壌に登場

価格は、ビアホールなどで売られる生ビールは1杯1米ドル程度。ホテルの売店や外貨ショップで販売されている中瓶1本は0.6~0.7米ドル程度で売られている。また、ビールの番号で価格差もあり、国営百貨店では95~140北朝鮮ウォン(公定レート、1ウォン=約1円未満)で販売されているようだ。

7種類ある大同江ビールのそれぞれの特性を書いた案内板。アルコール度数も4.5%から6%まで、原料も麦芽100%から白米を使用したものまでさまざまだ

金正恩政権になってから、平壌では経済の緩やかな回復とともに外食文化が徐々に浸透。

夕方になると商店やレストランなどでビールを片手に和気藹々と食事をする市民の姿も日常茶飯事になった。

また、これまで女性が外で酒を飲む姿はほとんどなかったが、今では男性に混じってビールを飲む姿も目立つようになってきている。

ビールだけでなく、本格的なコーヒーを出すカフェやネイルサロンなどもオープン。これらは平壌だけでなく、地方にも広がりつつある。なかなか解決できない電力難が営業に支障を来しているという情報もあるが、市民たちはそれでもやりくりしつつ、北朝鮮にこれまでにない消費生活を楽しもうとしてるのは間違いない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング