外国人絶賛、北朝鮮で大人気の地ビールとは

日韓の「有名ブランド」にも負けていない?

大同江ビール工場のリ・ヘナム技師長は、「米AP通信や日本の共同通信の社長らが工場を訪れて試飲した際、『世界の有名ビールと同じぐらいおいしい。自分たちの本国でもこの味を楽しめるようになれば』と感想を述べてくれた。英国の『エコノミスト』誌や韓国の新聞記者も取材した際に、韓国のビールと比べておいしいと掲載してくれた」と胸を張る。

リ技師長によれば、韓国の醸造専門家5人が韓国のビールとともに試飲した際、5人全員が「一番おいしい」と判定した、と打ち明ける。

韓国の醸造専門家が韓国のビールと飲み比べて、すべての専門家が北朝鮮のビールに軍配を上げたという

さらに「原料処理から製品包装に至るまで、数十項目のノウハウと技術を持つようになった。ISO9001にHACCPなど国際的な認証もきちんと得ている」と紹介する。

朝鮮総聯(在日本朝鮮人総聯合会)の機関誌『祖国』6月号には、大同江ビール工場の支配人のインタビューを掲載。「世界を圧倒する味にしたい」と述べている。

そのために、品質の向上には絶えず努力しており、工場の従業員がホップの生産地にまで足を運び、材料の質をチェックするなど、品質には絶対の自信がうかがえるほどだ。今後は外国にも積極的に進出したいとの発言を紹介している。

金正日総書記の命令でビール生産に先進技術を導入。2002年の生産開始時からロシアや中国を圧倒するような味を目指したという

大同江ビールは2002年に生産を開始。当時の金正日総書記が「北朝鮮のビール生産に先進技術を導入せよ」と指示、ロシアや中国のビールを圧倒できる味を持つように欧州などで従業員が研修を重ね、現在のような味になったとされている。

現在、大同江ビールには7種類のビールが生産されている。それぞれ1番から7番まで番号が振られ、アルコール度数や原料の配合の違い、黒ビールなどで番号が違っている。原料は麦芽を100%使用したものから、白米との配合で麦芽が30、50、70%と変えて作られたものがある。アルコール度数も4.5%から6%程度だ。

次ページカフェやエステも登場する平壌
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング