子どもを2人欲しい人に伝えたい「年齢の現実」 エビデンスに基づく婚活と政策とは?

拡大
縮小
(写真:PanKR/PIXTA)

前回記事『「結婚ピーク」は男女ともに27歳という意外な現実』の「平均初婚年齢が結婚ピーク年齢ではない」という内容に驚愕した20代男性読者の方から、

「今お付き合いしている女性にすぐにプロポーズしようと思います。男は30歳をすぎるまでいろいろ付き合っても余裕だ、などという錯覚に勝手に陥って、素敵な女性との出会いが目の前にあるのに、ないがしろにしていた自分に気づきました。本当に焦ったし、目が覚めました」

との報告をいただきました。

彼ばかりではなく、筆者の講演会でも「平均」という概念の統計的な意味をよく理解できていないことがもたらすライフデザイン上のミスについて、非常に恐ろしく感じた、という感想が後を絶ちません。

最初のメッセージをいただいた男性もそうですが、私が知る限り「子どもは欲しい、できれば2人欲しい」という結婚希望を持つ男性が非常に多いです。ですので今回は、子どもを「あまり難なく授かれる」統計的な時期について解説し、誤解に基づく無理な希望を社会が期待したり、婚活当事者が持ったりしないように解説をしたいと思います。

第1子平均出産年齢の意味

厚生労働省の出生統計を分析した結果を、今回は2022年の平均出産(授かり)年齢に注目してご紹介したいと思います。

まずは第1子出産(授かり)年齢です。前ほどではなくなりましたが、今でもたまにみかけることがある数値で、以前はよくこの数値の上昇をもって晩産化している(から大丈夫だろう)というイメージを強めている方が見受けられました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT