有料会員限定

EV市場を席巻するテスラ&BYDの共通点と差 世界販売台数は「年間100万台」の大台を突破

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

自動車事業参入20年で迎えた好機。

テスラのメキシコ工場の完成予想図
テスラのメキシコ工場の完成予想図。同社としては5つ目の工場になる(写真:テスラ)

特集「EVシフト 絶頂と絶望」の他の記事を読む

EVシフトの流れが変わり始めた。保護主義の高まりにより資源調達や製造の面で難題が噴出。販売停滞を見据え、欧米勢は投資計画の縮小に動く。
『週刊東洋経済』1月6-13日 年始合併特大号の第1特集は「EVシフト 絶頂と絶望」。アメリカのテスラと中国のBYDがグローバル市場を席巻する中、日本勢はどう動くか。熾烈なEV競争の最前線に迫った。
週刊東洋経済 2024年1/6・1/13年始合併特大号(EVシフト 絶頂と絶望)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年1/6・1/13年始合併特大号(EVシフト 絶頂と絶望)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

「われわれ既存の自動車メーカーが単独で手に負える相手じゃないかもしれない」

ある日系自動車メーカーの幹部はそうつぶやいた。その相手とは世界のEV市場を牽引する米テスラと中国BYDだ。

米中の2社は世界販売台数で年間100万台の大台を突破し、EVメーカーとしてトップ2の実績を積み上げ続けている。両社は手を緩めることなく、生産体制のさらなる拡大に向け突き進む。

2023年7〜9月期のEV販売台数ではBYDがテスラに初めて肩を並べる水準に達し、その競争は激化の一途をたどる。

テスラは希代の経営者イーロン・マスクCEOをブランドの象徴として、彼の熱烈なファンや先進的なブランド力を好む層を多く引きつける。展開するEVの価格帯は500万〜1000万円超と一般の乗用車と比べても高い。

世界3極生産体制を整備

米テキサス州と独ベルリンの工場が約2年前ほぼ同時に立ち上がったテスラは年産能力が200万台を優に超える。新たにメキシコでの工場建設も計画中だ。EV購入に対し政府の支援も手厚い欧米中を主戦場とする。

躍進著しい欧州では、「モデルY」の23年1〜10月の販売台数が前年同期の2.4倍となる20.9万台を超えた。エンジン車を含め欧州で最量販モデルとなり、23年通年でも首位が濃厚だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVシフト 絶頂と絶望
EVシフト 中国・米国・欧州「3大市場の最前線」
テスラ&BYDが市場席巻、日本勢はどう動くか
テスラとBYDを筆頭に新興企業が台頭するが…
BEV、HEV、PHEV… ガソリン車との違い…
世界販売台数は「年間100万台」の大台を突破
テスラ車のタッチパネルにサンタクロース?
2026年にアメリカ市場への新型車投入を狙う
「動きの素早い魚が緩慢な魚を食べる」
トヨタもホンダも従業員を1000人近く削減
「2022年はEVへ多大な希望。今や熱は冷めた」
2035年にハイブリッド車が販売禁止になる州も
ショルツ政権は購入補助金の終了を"前倒し"
全固体電池、パワー半導体、ギガキャスト……
ハイブリッド車が牽引し足元の業績は過去最高
2040年までに新車販売をすべてEVとFCVに
世界販売台数は2017年度をピークに減少が続く
株価指標は決算絶好調のトヨタ自動車に比肩
局地戦に勝機、スモールメーカーの生き残り策
アイシン、デンソー、豊田合成、マレリ……
中国メーカーが締め出され、韓国勢が躍進
巻き返しのチャンスが到来しているが……
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内