有料会員限定

ソニーとホンダの新型EV「アフィーラ」の独自性 2026年にアメリカ市場への新型車投入を狙う

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

他社との最大の違いとは。

ソニー・ホンダモビリティのEV「AFEELA」
まもなく米ラスベガスで最新の試作車が発表される(撮影:梅谷秀司)

特集「EVシフト 絶頂と絶望」の他の記事を読む

EVシフトの流れが変わり始めた。保護主義の高まりにより資源調達や製造の面で難題が噴出。販売停滞を見据え、欧米勢は投資計画の縮小に動く。
『週刊東洋経済』1月6-13日 年始合併特大号の第1特集は「EVシフト 絶頂と絶望」。アメリカのテスラと中国のBYDがグローバル市場を席巻する中、日本勢はどう動くか。熾烈なEV競争の最前線に迫った。
週刊東洋経済 2024年1/6・1/13年始合併特大号(EVシフト 絶頂と絶望)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年1/6・1/13年始合併特大号(EVシフト 絶頂と絶望)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

2023年秋に開催されたジャパンモビリティショーにソニーグループの吉田憲一郎CEOの姿があった。

ソニー・ホンダモビリティの川西泉社長(ソニー出身)や岡部宏二郎専務(ホンダ出身)と談笑した後、吉田CEOは外資系自動車メーカーのブースに足を運び、他社の幹部らとも言葉を交わした。複数の日系メーカーも訪れた。

多忙を極めるグループCEO自らトップ外交に注力する背景には、ほかのEV(電気自動車)にはないアフィーラの特徴がある。

アフィーラはソニーとホンダが共同で開発を進めるEVブランドの総称だ。新型車は25年に受注を開始し、26年に米国での納車開始を目指している。米クアルコムの高性能チップを搭載し、レベル3までの自動運転機能を備える。

「ユーザーがいじり倒せるものにしたい」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVシフト 絶頂と絶望
EVシフト 中国・米国・欧州「3大市場の最前線」
テスラ&BYDが市場席巻、日本勢はどう動くか
テスラとBYDを筆頭に新興企業が台頭するが…
BEV、HEV、PHEV… ガソリン車との違い…
世界販売台数は「年間100万台」の大台を突破
テスラ車のタッチパネルにサンタクロース?
2026年にアメリカ市場への新型車投入を狙う
「動きの素早い魚が緩慢な魚を食べる」
トヨタもホンダも従業員を1000人近く削減
「2022年はEVへ多大な希望。今や熱は冷めた」
2035年にハイブリッド車が販売禁止になる州も
ショルツ政権は購入補助金の終了を"前倒し"
全固体電池、パワー半導体、ギガキャスト……
ハイブリッド車が牽引し足元の業績は過去最高
2040年までに新車販売をすべてEVとFCVに
世界販売台数は2017年度をピークに減少が続く
株価指標は決算絶好調のトヨタ自動車に比肩
局地戦に勝機、スモールメーカーの生き残り策
アイシン、デンソー、豊田合成、マレリ……
中国メーカーが締め出され、韓国勢が躍進
巻き返しのチャンスが到来しているが……
充電器設置目標の難路、EV普及しない日本の現実
利便性向上と事業者の利益確保は両立できるか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内