「東北でのクルマづくりを続け、雇用を含めて被災地を長期的に支えていく」--トヨタ自動車の株主総会で豊田章男社長が発言

拡大
縮小

一連の質疑の最後に「この一年の感想」を求められると、豊田社長は品質問題に関連して、「トヨタがウソをついたり、ごまかしたりしていないことを証明できた」とコメント。震災に際して被災地に入った支援部隊が、独自の判断で迅速に活動したことについて、「これこそが現場力であり、トヨタの財産」と胸を張った。

また、1ドル=85円、生産台数750万台を前提に1兆円の営業利益を出す、という中期目標について、「かつて2兆円の営業利益を出していたことを思えば、物足りないかもしれない。だが、いいときにたくさん儲かる会社というより、厳しいときにも最低限の利益を出し、税金を納める会社でありたい」と説明した。

取締役数の大幅削減や、役員賞与の3年ぶりの復活などを決議し、総会は2時間10分で終了。出席株主数は3004名(昨年は3220名)、所要時間は2時間10分(同2時間2分)だった。

◆業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

西村 豪太 東洋経済 コラムニスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

にしむら ごうた / Gota Nishimura

1992年に東洋経済新報社入社。2016年10月から2018年末まで、また2020年10月から2022年3月の二度にわたり『週刊東洋経済』編集長。現在は同社コラムニスト。2004年から2005年まで北京で中国社会科学院日本研究所客員研究員。著書に『米中経済戦争』(東洋経済新報社)。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT