幸楽苑「290円ラーメン中止」でどうなった?

主力を「520円」に切り替え客単価は上昇

もはや安さだけでは、お客は来ない時代に(写真は昨年11月時点の外観)

ラーメンチェーン大手の幸楽苑が、大きな節目の時を迎えた。

もう食べられない「中華そば」

東洋経済オンラインが昨(2014)年11月29日に報じたとおり、5月26日をもって、同社の代名詞でもあった290円(税抜き)の「中華そば」の販売を終了したのだ。

中華そばはかつて、全売上高の32%を占めた看板商品で、デフレ時代の代表選手ともいえる存在だった。だが直近では17%程度に売り上げ比率が落ち、食材や人件費の高騰によるコスト高も重荷になっていた。

客単価が上昇、表れ始めた改革効果

そこで同社は替わりに、税抜き520円の「醤油らーめん司」を今年5月から全店に導入した。これは昨年10月20日から売り出して人気の高かった、岡山県限定の「醤油らーめん」を元にしている。これまでとは異なる細麺を使用しており、入り口の看板にまで書かれている、もちもちの「多加水熟成麺」をイメージして注文すると、裏切られたように感じるかもしれない。

なお、多加水熟成麺を使用した極旨醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめんなどは税抜き390円で残されている。すべてのらーめんが細麺になったわけでも、最低金額のメニューが520円に切り上がったわけではない。

それでもメニューの重心を高単価商品にシフトした改革効果は、順調にあらわれている。客単価は今期に入って、4月が前年同月比4.4%増、5月は同5.8%増と、計画以上に改善が進んでいる。6月以降は290円中華そばの販売中止と「司」の全店導入の効果が出てくるため、改善幅はさらに広がる可能性が高い。

次ページライバル日高屋は好調なのに…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT