(第2回)円安で中断していた海外移転が再開した


 OEMは冷蔵庫や洗濯機では古くから行われてきた。PCでも、広達電脳などの台湾企業が製造を行う場合が多い。電気機器の船井電機、レンズのタムロンのように、日本企業がOEMを行う場合もある。半導体では、台湾積体電路製造、聯華電子などファウンドリーに生産委託する方式も広く行われている。

こうした方式も含めれば、日本製造業の実態的な海外生産は、上の数字以上に進んでいると考えることができる。

したがって、「雇用確保のため国内空洞化に反対」といったたぐいの議論は、すでに無意味なものになっているともいえるわけだ。

海外移転は円安で10年間中断していた

日本企業の海外移転は、1993年ごろから顕著に進展した。

「海外事業活動基本調査」(00年6月)によると、製造業の海外進出企業についての海外生産比率は、89年度から93年度までは16~18%程度で安定的であったが、その後上昇し、99年度には34・9%にまで達した。製造業全体を見ると、85年度には3%でしかなく、その後も92年度までは6%台にとどまっていた。

しかし、それ以降に傾向的に上昇して、99年度には14・1%になった(なお、この調査における海外生産比率は、国内法人売上高に対する現地法人売上高の比率であり、海外進出企業ベースの海外生産比率は、本社企業売上高に対する現地法人売上高の比率である。したがって09年度データとは定義が異なる)。

それでもこの当時の日本の海外生産比率は、アメリカ、ドイツなどと比べると、かなり低かった。97年度における海外進出企業ベースの海外生産比率は日本が31・2%に対して、アメリカは48・6%だった。したがって、今後さらに上昇する可能性があると考えられたのである。こうしたことを背景として、00年ごろには、「空洞化」の議論が起こった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT