チョコザップ急拡大の裏で身銭を切った瀬戸社長 「1年強で1000店超」の出店を支える覚悟と自信

拡大
縮小
RIZAPグループ瀬戸社長
本格展開から1周年を迎えた今年9月の会見で、瀬戸健社長(中央)は「国内フィットネスジムで会員数日本一を達成した」と宣言した(写真:RIZAPグループ)

高級ブランド店がひしめく東京・銀座。100円ショップ「ダイソー」やディスカウントスーパー「オーケー」に並んで、新たな低価格店がこの地区に進出した。月額2980円(税抜き)の廉価ジム「chocoZAP(チョコザップ)」だ。

商業施設「銀座ファイブ」の2階にある店舗は20時閉店で、昼間人口の多い夕方までが利用のピークタイム。店舗をのぞくと、窓際に3台のランニングマシンがあり、若い女性が走っている。ほかには腹筋マシンなど、9種類の器具が1台ずつ置かれている。

同店は今年8月に出店。チョコザップの都内店舗は、主要沿線の住宅地に隣接し24時間営業を行う店が多い。だが、地代の高い山手線内側の店舗も増えてきた。

エニタイムフィットネスを抜いた

チョコザップは、RIZAPグループ(ライザップ)が2022年7月から展開を始めた新業態だ。最大の売りは料金の安さにある。

国内で小規模・24時間営業ジムの先駆けである「エニタイムフィットネス」だと、銀座が位置する中央区の店舗の月額会費は7000~8000円台。チョコザップは、スタッフのいない完全無人店でシャワー設備もないといった違いがあるとはいえ、半額以下だ。

気軽に利用できることも訴求ポイントだ。着替えや靴の履き替えは不要。1日5分の運動でいいと甘言をつぶやき、セルフエステやセルフ脱毛、セルフネイルまで提供している。2カ月の標準プランで約30万円かかり、パーソナルトレーナーが食事指導までするボディーメイクジムの「ライザップ」とは雲泥の差だ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT