中国新興EV「蔚来汽車」販売失速で人員削減の誤算 ライバルの理想汽車、小鵬汽車との落差拡大

✎ 1〜 ✎ 103 ✎ 104 ✎ 105 ✎ 最新
拡大
縮小
蔚来汽車は7月をピークに販売台数が減少に転じ、経営戦略の見直しを迫られている。写真は6月に発売した新型ステーションワゴン「ET5T」(同社ウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの蔚来汽車(NIO)が、全従業員の1割前後を11月中に削減することがわかった。

「業績が期待値に届かず、事業継続へのプレッシャーが増している。組織を身軽にして戦いに臨まなければならない」。蔚来汽車の創業者で董事長兼CEO(会長兼最高経営責任者)を務める李斌氏は11月3日、全従業員に宛てた社内メールでそう述べた。

李氏のメールによれば、蔚来汽車は2023年に5つの新型車を投入し、中国EV市場の車両価格が30万元(約616万円)を超えるクラスで4割以上のシェアを獲得した。だが、それでも「目標と実績の乖離は大きい」と、李氏は危機感をにじませた。

「値下げ効果」が長続きせず

蔚来汽車の2023年1月から10月までの販売台数は累計12万6000台。そのなかで7月の販売台数は初めて2万台を超えたが、その後は勢いが続かず、10月は1万6000台に減少した。

7月の販売が好調だった背景には、蔚来汽車が6月中旬に発表した販売戦略の転換がある。同社のEVは電池交換式の設計を採用しており、それ以前は電池交換サービスを無料で提供していた。これを有料化したのと引き換えに、全モデルのメーカー希望価格を3万元(約62万円)引き下げたのだ。

大胆な戦略転換は、蔚来汽車の販売台数を一時的に押し上げた。しかし結果としては、需要の先食いに終わった格好だ。

(訳注:蔚来汽車の販売戦略転換の詳細は『中国新興EVメーカー、全車「59万円値下げ」の賭け』を参照)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT