中国の新興EVメーカー「1台も市販せず」消滅へ 奇点汽車、債権者の破産申立を裁判所が受理

✎ 1〜 ✎ 73 ✎ 74 ✎ 75 ✎ 最新
拡大
縮小
奇点汽車の第1号モデル「iS6」は、結局量産に至らなかった(同社ウェブサイトより)

4〜5年前には中国の新興EV(電気自動車)メーカーの先頭集団につけていた奇点汽車(会社名は智車優行科技)が、結局1台のクルマも市販することなく消滅しようとしていることがわかった。

中国最高人民法院(最高裁判所)が運営する倒産情報サイトの全国企業破産重整案件信息網によれば、奇点汽車傘下の研究開発会社である奇点汽車研発中心が、8月15日に初回の債権者会議を開催。従業員が保有する総額601万3000元(約1億2078万円)の債権への対応について協議を行った。これに先立つ6月30日、江蘇省蘇州市相城区の裁判所は奇点汽車研発中心に対する債権者の破産申し立てを受理していた。

主要関連会社は訴訟まみれ

同じく全国企業破産重整案件信息網によれば、別の傘下企業である安徽奇点智能新能源汽車も、6月30日から(債権者の申し立てによる)法的整理のプロセスに入り、債権者会議を10月に開催する予定だ。同社の経営権は(オフショア企業の)智車優行科技上海が握っており、奇点汽車のなかではクルマの製造部門の位置付けだった。

奇点汽車には主要な関連会社が18社あり、その大部分が(賃金未払いや債務不履行などにより)訴訟を起こされている。中核会社の智車優行科技は、8月20日時点で総額9825万9000元(約19億7366万円)の支払いを求められており、傘下の(オフショア企業の)智車優行科技北京も総額4648万800元(約9億3363万円)の係争を抱えている。

これらの情報を総合すれば、奇点汽車の退場がもはや避けられないのは明らかだろう。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT