中国新興EV「小鵬汽車」、利益率急降下で募る焦り 2023年の粗利率1.47%、前年比10ポイント低下

✎ 1〜 ✎ 162 ✎ 163 ✎ 164 ✎ 最新
拡大
縮小
小鵬汽車は新型SUV「G6」の量産立ち上げに手間取り、2023年の販売台数が伸び悩んだ(写真は同社ウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカー、小鵬汽車(シャオペン)の業績に黄信号が灯っている。

同社は3月19日、2023年の通期決算を発表。同年の売上高は306億8000万元(約6405億7700万円)と前年比14.2%増加したが、伸び率は2022年(28.0%)の半分に減速した。一方、純損益は103億8000万元(約2167億2700万円)の赤字で、損失額が前年比13.6%拡大した。

小鵬汽車の苦況を象徴するのが利益率の悪化だ。2023年の通期の粗利率はわずか1.47%と、前年より10ポイントも急落した。同社のライバルで業績好調な理想汽車(リ・オート)の2023年の粗利率が22.2%、伸び悩みが伝えられる蔚来汽車(NIO)でも同5.49%だったのと比較すると、その差は歴然としている。

年20万台の目標達成できず

業績低迷の主因は、2023年6月末に発売した新型SUV「G6」の量産立ち上げに(部品調達の問題などで)手間取ったことにある。G6の生産は同年9~12月期にようやく軌道に乗り、同四半期の小鵬汽車の販売台数は約6万台と四半期ベースで過去最高を記録した。

しかし7~9月期までの納車遅延が響き、通年の販売台数は前年比17%の増の14万2000台と、目標の20万台に遠く及ばなかった。

さらに気がかりなのは、2024年に入って小鵬汽車の販売が失速したことだ。同社が公表した月次販売速報によれば、同年2月の販売台数は4545台にとどまり、前月より4割以上も減少した。

2月の販売台数の急減は、2024年の春節(中国の旧正月)が2月中旬だったため、(春節が1月後半だった)2023年に比べて営業日が少なかった影響が大きい。それでも、2月のG6の販売台数は1500台に届かず、蔚来汽車の「ES6」などの競合車種に逆転されてしまった。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT