中国新興EV理想汽車、「初のBEVが大苦戦」の誤算 レンジエクステンダー型も失速で共倒れリスク

✎ 1〜 ✎ 163 ✎ 164 ✎ 165 ✎ 最新
拡大
縮小
理想汽車は初のBEVの「MEGA」で新たな顧客層を取り込むもくろみが裏目に出た。写真は同社が建設を急ぐ超急速充電ステーションで充電中のMEGA(理想汽車ウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの理想汽車(リ・オート)は、同社初のBEV(訳注:バッテリーだけを動力に使うEV)である高級ミニバン「MEGA」を3月1日に鳴り物入りで発売した。だがその直後から、MEGAだけでなく既存車種を含めて販売に苦戦している実態が明るみに出た。

「BEV投入のタイミングを読み違えた」——。理想汽車の創業者でCEO(最高経営責任者)の李想氏は、3月21日に全社員宛てに送信した社内メールの中で異例の反省の弁を述べた。

同社は2015年の創業以来、「レンジエクステンダー型EV」に特化して競合メーカーと差別化する戦略をとってきた。これまでに3車種を投入し、2023年の販売台数は37万6000台と新興メーカー群のトップを走る。

(訳注:レンジエクステンダー型EVは、航続距離を延長するための発電専用エンジンを搭載したEVを指す。中国の販売統計上はPHV[プラグインハイブリッド車]に分類される)

「年間80万台」は達成不能

レンジエクステンダー型EVで築いたブランド力や販売体制を基盤に、理想汽車は満を持してBEVに参入。MEGAを含めて2024年中に4車種の新型BEVを発売し、年間販売台数を2023年の2倍超の80万台に引き上げる強気の目標を掲げていた。

ところがMEGAの発売から1カ月もたたず、同社はこの目標を諦めざるを得なくなった。理想汽車がSNS(社交サイト)の公式アカウントを通じて発表した販売速報によれば、同社の3月1日から17日までの販売台数はMEGAを含めて1万8200台にとどまり、不振が鮮明になったためだ。

メーカー希望価格が55万9800元(約1177万円)からという高価格にもかかわらず、理想汽車はMEGAの販売目標を月間8000台に定めていた。しかし高級ミニバンの市場はそもそもニッチだ。このカテゴリーで最も売れているトヨタの「アルファード」でも、(中国市場での)年間販売台数は2万台に満たない。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT