日本農業の真実 生源寺眞一著

日本農業の真実 生源寺眞一著

農家の高齢化、TPP(環太平洋経済連携協定)に代表される農産物の貿易自由化、コメの生産調整、毒入りギョーザ事件であらためてクローズアップされた食料安全保障、そして農政をめぐる民主党の迷走など、日本の農業は課題が山積している。

本書は、1993年のウルグアイラウンド実質合意から現在までの日本の農政の歩みを追いながら、日本の農業のどこに問題があるのかを分析。そのうえで、農業の担い手育成のための政策と、コメの生産調整をめぐる政策を重点的に論じ、併せて、たゆまぬ努力で健闘する農家の事例なども紹介する。農業政策の研究者である著者が、日本の農業を再生させるためのさまざまな処方箋を提言する。

ちくま新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT