「片付けられたゴミ屋敷」その1年後の驚く実態 「ゴミ屋敷で生まれ育った子」が異常に気づく瞬間

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小

片付け前の依頼者の実家の様子(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)

ゴミ山の上に置かれた親からのクリスマスプレゼント。大人になった今では子どもの頃の状況を「異常だった」と理解しているが、ずっと「これが普通」だと思っていた。
本連載では、さまざまな事情を抱え「ゴミ屋敷」となってしまった家に暮らす人たちの“孤独”と、片付けの先に見いだした“希望”に焦点をあてる。
ゴミ屋敷・不用品回収の専門業者「イーブイ」(大阪府)を営み、YouTube「イーブイ片付けチャンネル」で多くの事例を配信する二見文直社長と今回の依頼者が、片付けたゴミ屋敷のその後について語った。

実家のゴミ屋敷状態が嫌になり18歳で家出

依頼者である30代の女性は、18歳のときに大阪にある実家の散らかり様に嫌気がさし、家出をした。それから13年後、久しぶりに実家に帰ると、当時とは比べものにならないほどに、さらに部屋は荒れていた。

玄関から本当に足の踏み場がない。2階へ登る階段もゴミで埋め尽くされており、その上に生卵が無造作に置かれている。飲みかけのペットボトル、空き缶、洗濯したかどうかもわからない服、調味料、段ボールなどが床一面に散乱していて、生活するスペースがない。洗面台の排水口は詰まり、溜まった灰色の水にゴミが浮いている。奥の和室に入ると、頭の高さまでゴミが積み上がっていた。

卵が入ったままのパックなどゴミで埋め尽くされた階段(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)

その光景を見た女性は、たまらずイーブイに相談のメールを送った。

「まもなく60歳になる母の様子に異変を感じ、業者様への依頼を決意しました。私は結婚を機に大阪を離れており、実家を出て13年くらいになります。実家がゴミ屋敷と主人に言えるはずもなく、結婚のあいさつも実家ではできず、出産の際も里帰りできず、10年近く実家へは立ち入らせてもらえていません。

何かあっても実家に帰れないという事実に、こちらがもう精神的に限界でした。10年近く家を片付けようと母を説得し続けてきました。そのたびにお金がない、仕事が忙しいから時間がない、また今度でいいと断られ続けていました」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT