ディー・エヌ・エーは南場社長が家族の看病のため急遽退任、モバゲー統括の守安氏が昇格

ディー・エヌ・エーは南場社長が家族の看病のため急遽退任、モバゲー統括の守安氏が昇格

携帯ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エーは25日、6月の定時株主総会を経て、南場智子代表取締役社長が退任、後任に守安功取締役が昇格すると発表した。

南場社長は非常勤の取締役に就く。病気療養中の家族の看病を優先するため、社長を退任する。4月28日の決算発表時の6月総会人事では南場氏は続投としており、連休明けになって急遽、事態が変わった。

あわせて、EC事業と財務・管理部門を管掌していた春田真常務取締役は取締役会長に昇格、ただ、財務・管理部門は引き続き管掌するため、実質的な役割にあまり変更はない。

新社長となる守安氏はエンジニアで、ディー・エヌ・エーの屋台骨であるモバゲーを、その事業開始当時から担当してきた。ここ何年かは、社長の南場氏、管理部門の春田氏、そしてモバゲー部門の守安氏の3人は一体となって同社の経営を牽引してきた。そのため、実態としては大きく変わらない模様。とくに収益源のモバゲーは引き続き守安氏が直轄するため、影響はないとみていいだろう。

取締役に残ったとはいえ、今後、南場氏がトップに復帰することはないという。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。